2008年09月11日

佐藤しのぶ、お話し会で魅了。

知的シニアに人気を誇るライフスタイル誌「いきいき」の主催で、オペラを楽しむための素敵なイベントが開催されました。
オペラに関する著書やテレビ出演でもお馴染みの音楽評論家、石戸谷結子さんが、まもなく来日するソフィア国立歌劇場の上演演目「仮面舞踏会」と「トゥーランドット」のあらすじや見所についてビデオを交えながらわかりやすくナヴィゲートしました。
P8284020_1.jpg
「オペラにはたくさんの人生があって、人生を学べるのがオペラの魅力」 という石戸谷さんのお言葉に多くの方が頷いていらっしゃいました。

そして第二部には佐藤しのぶさんが登場!
P8284049.jpg

プリマドンナの登場に会場からは思わず「ほぉ〜」と透明感きらめく佐藤しのぶさんの美しさに感嘆の声。
会場もひときわ華やかな雰囲気に包まれる中、石戸谷さんが進行役となり、さまざまなオペラにまつわるお話が繰り広げられました。
「仮面舞踏会」のヒロイン、アメーリアは佐藤しのぶさんにとって年齢的にも適した役柄です。すべてを悟っている成熟した大人であり、気高い精神を持つ女性だけに、まさに今、アメーリア役を歌い演じることができるのは本当にうれしいと佐藤さんがお話されていたことが印象でした。
P8284022.jpg

今年の4月にソフィアで共演したリッカルド役のエミール・イワノフは、かつてウィーン国立歌劇場の「カルメン」で共演したこともあり、とても息があっているそう。
イワノフはとてもナイス・ガイでハンサムとのことで、
“リッカルド役はイケメンでなければならぬ”と信念をお持ちの石戸谷さんもしのぶさんの太鼓判で一安心!
また会場のお客様の質問に答えて、「蝶々夫人」の蝶々さん、「オテロ」のデズデーモナ、「トゥーランドット」のリュー、そしてアメーリアといった役柄のしのぶさんの視点を通じてのキャラクターを分析するなど、しのぶさんの気さくな語り口とユーモアにあふれたお話に、皆さんすっかりと魅了されました。



posted by Japan Arts at 17:27| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。