2008年07月08日

マリアナ・ツヴェトコヴァ

Mariana.jpg 2002年の新国立劇場「ナクソス島のアリアドネ」で絶賛を博した、現代ブルガリアが誇る絶頂期のプリマ、マリアナ・ツヴェトコヴァが今秋10月のソフィア国立歌劇場の「トゥーランドット」、「仮面舞踏会」の両演目の「トゥーランドット役」(10/4)「アメリア役」(10/8)に登場します。彼女の気品と迫力にあふれた舞台姿に乞ご期待!

 今回のカルターロフの演出による「トゥーランドット」について、
「リューが命を落とした後、最後にもう一度舞台に登場する演出です。ここに、リューが“生まれ変わり”として表現されます。トゥーランドット姫は、命をかけて謎に挑んだカラフからではなく、王子の名をあかさず、自ら命を絶って愛を貫いたリューから、真実の愛を知った、そのことを自分自身の演技で表現したい。」と語りました。

 また、「仮面舞踏会」のアメリア役は、
「海外ではベルリン、スカラ、デトロイト、ドレスデンなどでも歌う、得意のレパートリーです。特にドレスデン国立歌劇場では、コンビチュニーの演出で、とてもオリジナリティ溢れる舞台に出演させていただきました。」と語りました。
 彼女が出演し、大成功となった、今年4月のカルターロフ新演出によるソフィア国立歌劇場の「仮面舞踏会」の舞台―その見のがせない舞台が東京にやって来ます。

マリアナ・ツヴェトコヴァ (Mariana Zvetkova/Soprano)
ブルガリア、ソフィア出身。ドレスデン国立歌劇場及びベルリン・ドイツ・オペラで「仮面舞踏会」のアメリア役で出演し、絶賛を浴びる。「トゥーランドット」のタイトル・ロールは今年ザルツブルクやストラスブール各地で出演予定。2002年新国立劇場で、R.シュトラウスの「ナクソス島のアリアドネ」に出演。
力強い声と見事なピアニシモの対比が圧巻。

●トゥーランドット・トゥーランドット姫(10/4)
●仮面舞踏会・アメリア(10/8)
>>公演の詳細はこちらから


posted by Japan Arts at 10:33| 出演者紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

ベルギー人指揮者、クーン・ケッセル

ソフィア・オペラ「仮面舞踏会」の東京公演を指揮する、ベルギー人指揮者、クーン・ケッセル氏が、この5月にパリ・オペラ座バレエ団の指揮者として来日しました。日本ではまだほとんど知られていない、氏の経歴について、音楽ライターの柴田克彦さんに紹介して頂きます。


DSC_3545.jpg 直接本人と会ったとき、「演奏にぜひ接してみたい」と強く思わせる音楽家がいる。ソフィア国立歌劇場日本公演で「仮面舞踏会」を振るクーン・ケッセルは、まさにそうした指揮者だ。日本ではまだ知られざる存在だが、自身語る注目すべき経歴からも含蓄ある言葉からも、公演への興味が募らずにはおれない。

 ベルギー出身。フランダース王立音楽院に学んだ後、ブリュッセルのモネ劇場でコレペティトゥール、アントワープのフランダース歌劇場でアシスタント指揮者を務める。ここで名匠ヴァルヴィーゾの薫陶を受け、プッチーニやワーグナーのオペラを深く学んだ。公式デビューは、1991年フランダース王立バレエの「シンデレラ」。以後バレエは国内外で多数指揮しており、今回会ったのもパリ・オペラ座バレエでの来日中だった。オペラの経験も豊富で、「リゴレット」「トロヴァトーレ」「椿姫」「アイーダ」ほかヴェルディ作品も多く手がけている。のみならず、元々はピアニストを目指し、インマゼールからフォルテピアノを学んだ経験も。現代音楽にも熱心で、ザルツブルク音楽祭におけるサーリアホのオペラでケント・ナガノのアシスタントを務めてもいる。ソフィア国立歌劇場では、4年前「トロヴァトーレ」で初客演後、「トスカ」やヴェルディ「レクイエム」を指揮しており、秋の日本公演は「関係をより強いものにしたいのでぜひ」との劇場側からの誘いで実現。この「仮面舞踏会」プロダクションは、6月にソフィアで指揮をとる。

 「仮面舞踏会」は「人間の内なる世界と、政治など外の世界の双方が見事に描かれた傑作であり、ある種のユーモアが盛り込まれた初のヴェルディ作品」、ソフィア国立歌劇場は「東欧の状況が変わる中、質の高さを保っている驚くべき歌劇場。中でも伝統ある合唱は素晴らしい」、そして「劇場こそ僕の音楽人生」と語るケッセル。そんな彼の振る日本初オペラに“ぜひ接してみたい”。 

posted by Japan Arts at 12:01| 出演者紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。